【悲報】ニュース(米)!警察犬K9ハンター安楽死へ苦渋の決断

犬・猫動画

【悲報】ニュース(米)!警察犬K9ハンター安楽死へ苦渋の決断

米コネチカット州で2007年から捜査に協力してきた警察犬が、病のために安楽死を強いられることに!


これは見る人にによって様々な見解や思いがあるであろう。

家族同然のパートナーを安楽死させるというのは苦渋の決断であり非常に辛いことだという想像がつく。


チームワークが必要となる警察の捜査に欠かせないのは、警察犬“K9”の存在だ。

長きにわたり捜査に協力してきた警察犬がこのほど病のために安楽死を強いられることとなり、警察官ら一同が獣医院に向かうK9を敬礼で見送り最後の別れを告げた。『FOX News』『Metro』などが伝えた。


米コネチカット州ミドルタウンのミドルタウン警察署で2007年から活躍してきたK9のジャーマンシェパード“ハンター”が9月1日の金曜日、旅立った。

ハンターは同警察のハンドラーでパートナーでもあったマイケル・ダレスタ巡査と10年にわたり数々の事件を解決してきた。

だがここ数日間は体調が悪く検査の結果、末期の肝臓がんであると診断を受け、獣医師から安楽死を勧められた。


9月1日、ダレスタ巡査にしっかりと抱きかかえられたハンターが、整列した警察官らに最後の別れとして敬礼を受けながら獣医院へと向かう様子が同署のFacebookに投稿され、ダグ・クラーク巡査部長はこのように追悼メッセージを綴った。


「今回不幸にも、K9“ハンター”を病のために安楽死させなければならないという結果になりました。最良のパートナーを安楽死という形で見送らなければならないダレスタ巡査や彼の家族にとっては、辛い決断だったことでしょう。ダレスタ巡査とハンターは、この10年間チームとしてミドルタウン警察に大きな貢献をもたらしてくれました。非常に優秀な警察犬であったハンターを失った今、我々も大きな寂しさを感じています。ダレスタ巡査と家族には心よりお悔やみ申し上げます。」

ハンターは困難な捜査以外にも、2年前の夜に徘徊して迷子になった認知症を患う女性高齢者の居場所を突き止めたこともあったそうだ。

このニュースを知った人からは「ハンター、お疲れ様。安らかに眠ってください」「家族同然のパートナーを安楽死させるというのは辛いよね」「悲しいけど、今は厳しい任務から自由になれてきっと虹の橋を渡っているよ」といった追悼の声が寄せられている。

出典 http://netallica.yahoo.co.jp


このニュースをみたとき、ただただ涙があふれた・・・

そして、こんな気持ちが脳裏を駆けめぐった

私の目からこぼれ出た涙の想いの中には、安楽死という選択の他はなかったのだろうか?

またハンターは、警察犬として特殊訓練を受けその任務を生きがいとしていたであろう。

この任務ができなくなった特殊訓練犬の苦悩と病の苦痛からの解放であったのか・・・。






何が、どの選択が正しいのかはわからない・・・

ただひとつだけ、いつか虹の橋のたもとで2人が再び会えるよう心から祈りを捧げる。

追憶:【虹の橋】物語を聴いていただきたい。


↓ 現在ご覧のキュレーションブログが無料・簡単・誰でも作れます ↓

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

月別アーカイブ

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin